つぼの位置

経絡図などでみる経穴のことを一般的には「つぼ」と言っていますが、この「つぼ」を押されたりマッサージをされたるすると肩こりが和らいだり、痛みが和らいだりしますね。

雑誌や温泉の風呂場などでよく見かける、つぼの位置が書いてあるポスターのようなものを見てつぼの位置を確認し、押してみた経験がある人は多いと思います。

あの「つぼの位置」については少々注意が必要なようです。

それは、現代人のつぼの位置は本来あるべき場所からズレている場合がほとんどだそうだからです。

その点をよく理解し研究している鍼灸師マッサージ師整体師等は、施術をする際にまず「つぼを元の位置に戻す」ことからやるようです。

先日、TV・雑誌・インターネットで大活躍されている松永みち子先生の講演を聴きに行った際に、先生もその点をお話されていました。

人類が誕生してからの地球環境を含めた人類としての歴史をDNAが記憶してて、その膨大な記憶のごくごく一部が近代化した現代であって、あまりに小さい記憶のため、人間のカラダはまだその他の自然に囲まれた時の記憶が適応されているのだそうです。

自然に囲まれている時の記憶で動いている状態を、パソコンで例えていましたが、ようするに、近代化された現代に対応するソフトが人間には組み込まれていない状態だそうです。

そうなると、カラダのあちこちが歪んで不都合を生じるわけです。

これを「老化現象」と表現しているのですが、実際には本当の「老化現象」だけではないとのことです。

カラダの歪みこそが、つぼが本来あるべき位置からズレている状態で、それを「つぼを押す」と言う行為で、脳に思い出させているのだそうです。

つぼを押して脳に思い出させる他に、鉱石をカラダに触れさせることでも同じように脳が思い出す状態になるそうです。

脳が思い出す事によって本来の機能を回復し体つきも若い頃のように戻るために、ダイエットをすることなく、スタイルがよくなったり若々しい姿勢になったりします

鍼灸指圧整体などで脳が思い出す状態を作るわけですが、施術が終わり、しばらくするとまた脳が忘れてしまうのが現状で、次の施術まではまた歪んだ状態になってしまいます。

脳が思い出した状態を維持するためには、忘れてしまう前にまた脳への信号を送ってやればよいのですが、現実的には常に施術をしてもらうのは不可能ですので、次の施術までの期間に経絡を常に刺激できるものを身に付けることができてばより良い状態を保てます

それを実現するために長年研究した結果、ゲルマニウムとう鉱石を繊維に織込み、その繊維に強弱をつけて経絡を刺激し、しかもスパイラル理論をも作用するように作ったものがあります。

理論的に大変優れていて、まさに的を得たものですが、このブログではその商品の宣伝をするつもりはありませんので、興味のある方は下記のホームページでご確認ください。







×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。