子供の寝返り

睡眠中の寝返りは、カラダの歪を矯正する作業なのだそうです。

子供の頃は寝返りを頻繁にします。

寝返りというレベルを超えて、頭と足の位置が逆になる時もありますね。

寝相が悪いと言われますが、それくらいの寝返りの方がよりカラダの歪を矯正しているのだそうです。

それが年齢を重ねると、寝相がよくなりあまり大きな寝返りをしなくなります。

そうなると、当然カラダの歪の矯正も少なくなり、本来の骨格等の位置へのリセットもしなくなるわけです。

リセットが上手く出来なくて歪が重なっていくわけですので、寝返りに代わる歪の矯正をしないと歪んだままになり、骨格や臓器に悪影響を及ぼすことになるとのことです。

歪みをなくすことによって、若々しい姿勢を保つことができますので、印象も随分違ってきますね。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。